号外『日本の建築批評がどう語られてきたか』

A2判両面(4つ折り)/カラー/2013年11月4日刊行

なぜ今「建築批評がない」のか。建築批評論年表(20世紀日本編)で100年間の建築批評をめぐる言説をたどり、現在を知るための足がかりとする。年表という記述形式の可能性を追求した、『建築と日常』初の号外。

※詳細 http://kentikutonitijou.web.fc2.com/hihyo.html

¥ 540

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。